本文へスキップ

東急バス 青葉台営業所をとことん研究するホームページ。それが青空交通 青葉台団地センター停留所です。

青葉台営業所の車両1989(平成元)年度車概要 

概要


1989年6月に一挙6台が青葉台へ投入された。いずれも日野ブルーリボンで、5台が3扉の長尺車。1台は短尺車である。

窓枠が黒に


1987年、1988年に引き続き3扉車が5台登場。これで青葉台の3扉車は16台にまで増えた。この代からは中扉、後扉の窓枠が黒に変更されている。その他仕様は前年度の投入車と変わらない。

詰め込もう! その2


前年度に引き続き、運転席側の一部座席4人分が収納できる車が2台登場した。

3年ぶり


青葉台では短尺車は3年ぶりの投入となる。1986年度の投入車と比べるとクーラーユニットの形状が変更され、窓は黒サッシとなっている。エンジンルーバーは車体からパンチングされる形状に変更された。

ミディ転入ラッシュ


1999年6月と11月の2回に分けて元東急コーチのエアロミディが計6台転入した。
1999年6月の転入分は横浜市青葉区奈良3丁目に所在の分譲マンション、「あおば山の手台グランジャルダン」への契約輸送用として高津から来た車で、専用塗色に変更。こどもの国線が通勤路線化される2000年3月まで活躍した。

みどり台


1999年11月には瀬田と高津から2台ずつ元東急コーチのエアロミディが転入。東急の標準カラー2色を使用した新塗装へ変更され、2000年2月16日より開業した新路線の青葉台駅〜みどり台循環用として運用された。

返り咲き


「あおば山の手台グランジャルダン」への契約輸送用として充当されたエアロミディのうち1台は、2001年3月の東急コーチ一般路線化による増車の為、青葉台へ復帰。コーチ塗装で2001年6月まで活躍した。

青葉台営業所に在籍実績のある車両
(1989年度車)


日野P-HT233BA(1台)



バナースペース


青葉台営業所諸々


青葉台営業所の車両


青葉台営業所の路線(準備中)

  •  凡例
  •  一覧
  •  路線解説

    青xx

    •  青01
    •  青11
    •  青23
    •  青27
    •  青28
    •  青30
    •  青31
    •  青32
    •  青33
    •  青51
    •  青52
    •  青55
    •  青56
    •  青61
    •  青61(急行・廃止)
    •  青81
    •  青82
    •  青83
    •  青90
    •  青118
  • 市xx

    •  市03
    •  市43(移管)
    •  市61
    •  市62
    •  市71(廃止)
    •  市72(廃止)
  • 南xx

    •  南61
    •  南301(廃止)
  • 柿xx

    •  柿01(移管)
    •  柿02(移管)
    •  柿05(廃止)
    •  柿06(廃止)
    •  柿23(移管)
  • 十xx

    •  十91
  • 鷺xx

    •  鷺22
  • たxx あxx

    •  た26(移管)
    •  た31(移管)
    •  た51(移管)
    •  あ27(移管)
  • 深夜急行(廃止)

    •  ミッドナイトアロー(廃止)
    •  ナイトアロー(廃止)
  • 出入庫路線

    •  青葉台駅発着
    •  市が尾駅発
    •  あかね台行き
    •  江田駅発着(廃止)
    •  長津田駅発(廃止)
  • 系統番号付与前の廃止路線

    •  奈良町線
    •  荏田線
    •  市が尾駅循環
    •  青葉台循環(小回り)
    •  青葉台駅(坂上)藤が丘駅